名古屋に行こう

名古屋情報の「名古屋に行こう」です。


中京・名古屋

東の都・東京、そして西の都・京都。この東日本と西日本の首都を結ぶ丁度中間あたりに、今回ご紹介する名古屋市はあります。東京と京都の中間に位置するために「中京」と呼ばれ、今でもこの呼び名は一般的に使われています。政令指定都市であり、近代的な建物が多く立ち並ぶ都会的な面と、かの有名な織田信長と、一代で日本統一の栄華を成し遂げた豊臣秀吉を輩出した歴史的な面の両方を併せ持ち、住民だけでなく観光客も非常に多いところです。都会的な面でいうと、非常に近代的な情報化年であると同時に、そこに歴史的なイメージを組み合わせたお洒落なセンスも持ち、平成20年にはユネスコが認定する世界のデザイン都市に、神戸と共にアジアで初めて選ばれました。名古屋というと思い浮かべるのは、お城の金の鯱かと思いますが、名古屋には他にも見どころがたくさんあります。歴史という遺産を十分に活用し、さらに新しいものと組み合わせることによって、どんどん新しいものを発信していく名古屋は、もはや金の鯱だけでなく、様々な点において注目すべき都市になりつつあります。今回は、そんな名古屋について、お話ししたいと思います。

'); define("P_END", '

'); ?> '); define("P_END", '

'); ?> '); define("P_END", '

'); ?> '); define("P_END", '

'); ?> '); define("P_END", '

'); ?> '); define("P_END", '

'); ?>